関西と関東の「イカ焼き」は違う🦑??

今回のオススメ商品はこれ!!

☞イカ焼き(ソース入り) 30g(50×4)

コシのあるもっちりとした生地の中にイカのぷりっとした食感がアクセント🦑

ソースがあらかじめサンドされており、一口食べると何だか懐かしくなる子供から大人まで人気のある一品ですよね🙌✨

さて、「イカ焼き」と聞いてあなたはどんな食べ物を思い浮かべましたか?

実はイカ焼きは関西と関東では全く違うものなのです🙅

関東でイカ焼きといえばイカの姿焼きのこと。一方関西でイカ焼きといえば、この商品のようにイカを入れた小麦粉の生地を焼いたもののことをいいます!

一説によると、明治時代にあるせんべい職人が、イカを混ぜた小麦粉生地を焼いてまかないに出したのがイカ焼きのはじまりだとか。

その後、昭和になると百貨店でも販売がスタートし、一気に大阪のソウルフードとして根付いたと言われています🥢💓

関東の方でまだ関西イカ焼きを食べたことのない方、関西の方で懐かしいあの味をもう一度…!と思われる方はぜひご賞味あれ~😝

 

 

関連記事

  1. 一富士二鷹三…茄子🍆😮

  2. 実は日本はプラネタリウム大国だった🌟👪

  3. なすびは高価な野菜だった?

  4. カレーパワーで暑い夏を乗り切ろう!!

  5. バイヤー試食してます。

  6. にんにく醤油で夏を乗り切ろう!

PAGE TOP
Top