ピカタの語源、ピッカータは”槍の一突き”🍴

今回のオススメ商品はこれ!!

☞さわらのピカタ風  30g(50×4)

昨日に引き続き、サワラのピカタ風をご紹介します!

ピカタ風シリーズは現在、サワラ・チキン・ポークの3種類ございます🙌

ピカタという名前は知っているけど、詳しくは知らない…といった方もいらっしゃるのではないのでしょうか🤔

ピカタはイタリア料理に由来する西洋料理のひとつで、ピカタの語源である「ピッカータ」はイタリア語の槍の一突きからきており、薄い肉をフォークで刺し、一回裏返すだけで焼き上がることからこの名前が付いたのだとか。

日本では豚肉に塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、粉チーズを混ぜた溶き卵をたっぷりと絡ませてソテーしたものがポークピカタとして知られていますよね🐖🥚

ですが発祥の地イタリアでは、薄切りの仔牛肉に小麦粉をまぶしてバターで焼いたものをピッカータと呼ぶそうですよ!

一体卵はどこでつくようになったのか、歴史っておもしろいですね☺

気になる方はピカタの歴史を調べてみてください~🏁

 

 

 

関連記事

  1. 昔のイギリスでは「おくらコーヒー☕」があった!

  2. ちくわの秘密~??😵✨

  3. あの手間のかかる代表格料理がなんと!「煮込むだけ 」🍲🙌

  4. 巻かない(結球しない)白菜がある?😵🌀

  5. ISO22000取得しました。ただ、、

  6. 柏の葉の巻き方でお餅の中身が分かる⁉🎏

PAGE TOP
Top